釣具アウトドアのオンラインショップ情熱釣具屋 (じょうねつりぐや)>タックル収納について
   
     厳選釣具&     アウトドア用品

☆タックル収納についての豆知識☆


タックル収入についての豆知識を管理人独自の経験談からお伝えします


釣りという遊びは始めの頃はお金もかからずに手軽に取り掛かれるのですが

深みにはまってしまうと次から次へとモノが増えてきます


竿、リールはまだいいのですが、仕掛けやアクササリーが増えてくるとその収納に

頭を悩ませることになります


多種多様の釣りに全て対応できる収納道具は限られていますが、やはり

専用タックルに応じた収納が使い勝手もよく便利です


何より釣りそのものをより快適にします


バスフィッシングでは丘釣り、船釣りで使用する道具の種類と数が格段に違ってきます


機動性を重視する丘釣りではボートフィッシングで使うような大型のタックルボックスは

非常に不便ですので、ウエストバックや肩からかけるバックが使い勝手がよいです


さらにタックルを多く持って歩きたければリュックタイプが良いでしょう


ボートフィッシングに関してはより多くの道具が持っていけますが、それでもやはり行く

フィールドや季節によって使用できるタックルに制限があります


ですので、おススメは大型のタックル収納道具を家で保管しておき、そこから釣行する場所に応じて

中型、もしくは小型のタックル収納道具に詰め替えていくと良いでしょう


釣り人の心理としてどうしても万全の体制で臨みたいものですが、使用できる仕掛け、道具には限りがあります

何せ、体は一つしかありませんから(笑)


また、事前に道具を絞り込む事によって使用するタックルや仕掛けに迷いも無くなり、集中しやすい環境に

なりますので却って好結果に結びつく事も多くなります


その様に取り組む事で得意なつり方に磨きが掛かり、苦手な釣り方や新しい釣り方にもトライしやすくなり

結果として釣り方の幅が広がる事にもつながります


幅が広がるという事はより多くの魚との出会いにも恵まれ、心に余裕のある釣りを楽しむ事にもなるでしょう


いずれにしても事前の道具のセレクトをしっかりと行っておき、快適な釣りを楽しんでください

    
   淡水釣り用品


  
バスフィッシング用品

  フライフィッシング用品

  トラウフィッシング用品

   渓流釣り用品
 
   アユ釣り用品

   コイ釣り用品

   ヘラ釣り用品

   淡水小物釣り用品

   管理釣り用品


   
海釣り用品

   シーバス釣り用品

   磯釣り用品

   ジギング用品

   エギング用品

   投げ釣り用品

   ボート釣り用品


   
フィッシングギア

   雨具(レインギア)

   偏光グラス

   フィッシンググローブ
   ブーツ


   釣り糸(ライン)

   釣り針(フック)

   釣りビデオ


   
釣りに役立つ
   アイテム厳選


   アウトドア用品

   

   TOP
 

   

   
Copyright(c) 2007釣具アウトドアのオンラインショップ情熱釣具屋 (じょうねつりぐや)